記事

神奈川県横浜市立藤塚小学校

1時前には生徒67名、校長先生、担任の高木先生と巌先生がスタンドバイしていた。
対象は4年生。今日は授業参観も兼ねてのスナッグ講習会なので父兄も集まり非常ににぎやか。通常より参加の人数が多いので先生だけでなく生徒全員に準備を手伝ってもらう。生徒も喜んで手伝ってくれるので気持ちがいい。
準備が終わり次第、スナッグの講師がそれぞれの技術のデモンストレーションを行う。
いつものようにみんなの前で生徒数人にもデモンストレーションをしてもらう。
通常恥ずかしがって嫌がる生徒が多いのだが、藤塚小学校は「僕が、私がします!」と言ってとても積極的。先生も熱心で講習の内容をしっかりメモしている。
デモンストレーションが終わり練習を始めると予想通り皆、熱心である。校長先生も生徒に指導を始めてくれボールを打っている。先生と生徒の距離が近い学校である。
練習を終わると休憩を挟みコースプレイ。人数が多いので1ホールしかプレイができなかったが、練習で習得した技術を生かして上手くプレイしていた。
講習終了後「今後はいつきますか?」「校長先生にいつ来るか話していつか教えてください」「次、来たときはもっと上手くなっていますよ」など生徒から話しかけられ心より講習に来て良かったと思った。スポーツを一緒に行うと年齢差があっても短時間ですごく仲良くなりお互いが分かり合えることを再認識し、スナッグゴルフを通じてのゴルフの普及により力をいれようと強く思った。