記事

山口県大島郡東和町立森野小学校

「作文を書いた泉達郎くん(2年生)」

「作文を書いた泉達郎くん(2年生)」小雨の降る肌寒い天候であったが、校庭に45名の生徒、 校長先生をはじめ先生方6名、教育委員会からは教育長をはじめ職員の方5名、そして取材のため6名の新聞社の方々が 集合。校長先生の挨拶で講習はスタート。
まずは4つの練習ステーションを皆で作り、4つのグループに わかれ各々のステーションをローテーションしていく。上級生が下級生に「左手の親指が黄色・・・」と、やさしく 教えてあげたり、校長先生が生徒達と一緒に楽しげ


に教えてあげていたり、大人と子供が一つのことに夢中になり、あちこちで 明るい笑い声が聞こえる様子はとても気持ちが良いものでした。
後半は校庭にコースを作りプレーを体験。今回はチーム同士で 競うことのできるスクランブル方式でプレーをする。生徒達の熱気に雨も少々押されぎみである。
こちらの地区では、特に教育委員会がスナッグの導入に積極的であり、 すでに同じく寄贈校の川尻小(山口県)との交流戦なども計画中とか、また7月のJGTOカップ参加にも燃えており、子供達だけでなく親子大会 などの計画も熱く語って頂いた。今後の展開が非常に楽しみな地区である。