記事

広島県福山市立桜丘小学校

校庭に生徒16名、校長先生をはじめ先生方4名、PTA、教育委員会、新聞社の方々12名が集合。
校長先生の挨拶が終わると、生徒達は待ちきれず用具のまわりに集まってきた。カリキュラムにそって、皆で用具のセッティングを行う。パット・チップ・ピッチ・フルショットの4つの練習ステーションを4班にわかれ、各々ローテーションしていく。「握り方がちがうよ・・・」「ボールの矢印の向きが・・・」と、生徒同士でチェックする元気な声が校庭に響き渡る。
後半は、校庭にコースを作りプレーをする。ゴルフが初めてで緊張している生徒もいたが、ランチャーを握りプレーが始まると皆の目が輝いてくる。
「ありがとうございました」と生徒の挨拶で、あっという間に2時間の講習が終了した。 校長先生は、今後も学校内だけでなく親子や町民のコミュニケーションにも活用していきたいと、スナッグの活用に意欲的でした。