長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 2018

大会ロゴ

大会記事

今平周吾が地元小学校を訪問

  • photo1
  • photo2
  • photo3

今年14回を迎えた今大会は期間中のみならず、地元地域のスポーツ振興を目的に、「ジュニアスポーツフェスティバル」と称して野球やテニスなど、様々な種目のプロを招いて道内各地でレッスン教室を開いておりいよいよ開催週には“ゴルフ先生”として、千歳市立日の出小学校に向かったのは、今が幸せ絶頂期の周吾。

3日火曜日は、練習ラウンドを抜け出して、5年生の61人にスナッグゴルフを教えに行った。

大会における、プロゴルファーの小学校訪問はこれで9度目だがそのうち今平が、こうして道内の子どもたちと触れあうのは、2016年以来2度目になる。

今回もまた、「自分の小学校時代を思い出した。とても楽しかった」とすっかり打ち解け、「おじいちゃんと一緒にゴルフした時は、なかなか上手くいかなかったけど、今日はプロに教えてもらって良く出来た。すごく楽しかった!!」(5年生の泉くん)などと、子どもたちにも大好評だった。
スナッグゴルフの講習会のあとはジャンケン大会や、インタビューコーナーで大いに盛り上がった。


いよいよ5日から始まる「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」は、昨年まで3年連続でトップ3を記録するなど、相性の良い大会でもある。
今年は若松菜々恵さんとの婚約を発表したばかりで、今度こその思いはもはや本人だけのものではなくなった。

今年は、選手会長の石川遼が4年ぶりの参戦。また小平智や賞金王の宮里優作ら海外組が久しぶりに合流するなど、役者が出揃う中で、今年こそ主役を張りたい周吾。

愛するフィアンセと、子どもたちの声援を一身に受けて、絶好の舞台で悲願の2勝目を狙っていく。


» 前のページに戻る

関連記事

広告