長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 2018

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

ブラッド・ケネディが逆転V

44歳がやっと掴んだツアー3勝目を噛みしめた。 「5年も遠ざかっていて。正直、忘れかけていた。そういえば、勝つってこんな気持ちだったかな」。 4打差を追いかけた最終日は、9つのバーディを奪う圧巻の逆転劇。 結局、3打差つける快勝だった。 11番の連続バーディでV争いに加わると、14番でついに首位獲りを成功させたが「リーダーボードは一度も見ていない。自分のゴルフに集中していた」。 @jgto ...

2イーグル賞に長嶋茂雄賞。アトムが特別賞を独り占め?!

表彰式では2度、3度と進み出て、3度目にはついにギャラリーのどよめきが起こった。ぺこぺこと、恐縮しながら3つめの目録を受け取った。  ...

石川遼が初のゴルフ巡業へ

大会は初日が中止となり、54ホールに短縮された。主催者のご厚意により、選手たちには賞金の全額が支払われるが、賞金ランキングの加算は規定どおり75%となった。  ...

金亨成(キムヒョンソン)は逆転負けを許して「何かひとつ足りない」

2打差の首位から出た最終日は面白いようにショットをピンに絡ませながら、チャンスをものにしきれなかった。  ...

今平周吾はまた・・・

4年連続のトップ3はいくら希有な記録でも、もはや喜べるはずもない。「上位に行ってもあんまり・・・。優勝したい」と、これだけお預けを食らえば当然だ。  ...

米在住の大西魁斗 (おおにしかいと)さんがベストアマチュア賞を獲得

日本生まれ、アメリカ育ちの19歳がベストアマチュア賞を獲得した。親友で、丸山茂樹の長男・奨王さんと共にツアーに初挑戦した大西さんが通算4アンダーで18位タイに入った。  ...

最終日は“屋根裏のプロゴルファー”登場

余計にドキドキしちゃう?! 野球やサッカー、バトミントンなど様々な競技に親しむ地元ジュニアが大活躍する日曜日恒例のキッズエスコートは今年、1番ティの観戦スタンドに面白いおじさんがいて、頭の上から元気なかけ声が飛んでくる。 ...

2018セガサミーカップスナッグゴルフ大会を開催(7月8日)

長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップが開催されているザ・ノースカントリークラブで、2018セガサミーカップスナッグゴルフ大会が、近隣のエリアより、52名の選手が参加して開催された。  ...

DAY 3

ハンパない首位獲り?! 金亨成が通算8アンダー

この日のヒョンソンは頭からレーダーが出ていた!? スタート前に、同組の池田勇太が見つけた。 ポマードで、いつもビシッと固めた素敵な前髪。「でもヒョンソン、なんかこれ1本出ているよ」といじられて、確かめたら「ほんとだ!!」。 好スコアの匂いを察知するレーダー。 この日の小雨交じりの風向きも読み切れる?! 「はいはい、そうですね」と言ったとおりの好プレー。ぬかるんだ重馬場も軽々と、ボギーな ...

藤本佳則が復帰初戦のV争い

1ヶ月半ぶりに戻ってくるなり、V争いに加わった。藤本が、いよいよ最終ラウンドを前に首位と2打差の2位タイに浮上した。  ...

今平周吾は四度目の正直

今度こそチャンスは絶対に逃せない。昨年まで3年連続のトップ3もいつも、毎年あと一押しで勝ちきれない。昨年は、最終ホールの2打目が池に沈んだ時に垣間見せたガッツプレー。いつも冷静沈着な選手が一瞬、感情を爆発させたほど、悔し ...

ゲンちゃんと同級生。杉山知靖が律儀なV争い

マンデーから勝ち上がってきた25歳が、絶好のチャンスを迎えている。この日、3アンダーで回って通算6アンダーとスコアを伸ばした杉山知靖(すぎやまともやす)。  ...

マルちゃんジュニアは予選通過ならず

スタートの1番、3番でバーディを奪って序盤こそ、上々の滑り出しだった。リズムに乗りかけた矢先に、洗礼を受けた。  ...

スマイルステッカーが完成!!

いつもニコニコ、笑顔の弘大。今年の日本ゴルフツアー選手権を制した市原が、新たなグッズを発表した。本人の自作似顔絵入りのオリジナル缶バッジに続いて第2弾。  ...

DAY 2

平本穏が原点回帰の首位タイ発進

今季、ファイナルQTランク28位で、2年ぶりに出場権を取り戻した32歳を、豪華布陣が支えている。 今年の関西オープンで、一緒に食事をした際に「気負わず謙虚に」と言ってくれたのは、田中秀道だ。 「頭を使え」と以前から、再三のダメだしを今週、火曜日の夕食時に改めてしてくれたのは谷口徹だ。 竹谷佳孝は「一喜一憂するな」と言った。 14、15年以来、3年ぶりの3度目のシード復帰がかかる今季 ...

マルちゃんジュニアは1アンダー

パパも最後は笑顔で出迎えた。丸山茂樹の長男、奨王さんが米仕込みのゴルフで二世の片鱗を見せた。 @jgto ...

石川遼は、「ミスターに見ていただけると思ってプレーを」

10番から出た2日目の第1ラウンドは、11番でボギーが先行。17番では3パットでまたボギー。  ...

荒天も味方に、上井が好発進

2日目にして、やっと大会が幕を開けた。大雨のために初日が中止となり、この日は第1ラウンドが始まる前に、主催者から54ホールの短縮競技の決定が発表された。  ...

孔明は「俺も負けられん」

ショットが多少曲がっても、雨上がりのグリーンにせっかく根元を刺したショットがスピンでピンから離れても「このコースは好きだから。ベント芝も好き」。  ...

死角なし?! 木下稜介が好調

先月のAbema TVツアー「ISPS HANDA 燃える闘魂!! チャレンジカップ」で初優勝を飾って、今大会の出場権を得た。  ...

北海道の勝負メシは?! 豪州のクウェイルが5アンダー

193センチの新顔も、そろそろツアーに馴染んできた。クウェイルが、初日を5アンダーで飛び出した。  ...

DAY 1

残念・・・・・・!!

台風7号から変わった温帯低気圧の影響を、もろに受けた。深夜から降り続いた豪雨は、コースの中にもたくさんの池や川を作った。 悪天候と、コースコンディション不良のため大会初日はあいにくの中止が決まった。 7時40分のスタート予定に合わせて、5時に会場入りしていた稲森佑貴は「今日はただ、キャディバッグを取りに来たみたいな1日。残念です・・・」とうなだれた。 「これからいったん帰って近くの練習場 ...

PREVIOUS

選手たちも夢中!! 会場丸ごとエンタテイメント

4日水曜日のプロアマ戦は、表彰パーティを済ませてから選手会長を筆頭に、小平、片岡、今平の4人が連れ立って、駆けつけたのは大会名物のギャラリープラザ。 今大会は、会場丸ごとエンタテインメント! まだ大会前日の、ひとけのないテントには、ゲーム機がところ狭しと置かれ、選手たちには絶好の遊び場・・・!! ♯jgto ...

似てる・・・・・・?!

ツアー会場で、親子初の2ショット!! 似てる??  ...

石川遼が連覇を狙う?!?!

昨年覇者は不在だが、かわりに選手会長が“連覇”を狙う?! 「自分の中では今週は“一人ディフェンディングチャンピオン”みたいな感じです」と、石川遼。  ...

小平智が1日3イーグル!?

帰国するなり、驚かせてくれる。小平が、4日水曜日はまだプロアマ戦ながら、1日3イーグルで“ただいま”ののろしを上げた。  ...

今平周吾が地元小学校を訪問

今年14回を迎えた今大会は期間中のみならず、地元地域のスポーツ振興を目的に、「ジュニアスポーツフェスティバル」と称して野球やテニスなど、様々な種目のプロを招いて道内各地でレッスン教室を開いておりいよいよ開催週には“ゴルフ ...

マンデートーナメントを開催

5日から始まる「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」は2日、本戦の出場権をかけた予選会「マンデートーナメント」を行い出場98人のうち、16人が狭き門をくぐった。  ...

昨年覇者の今・・・

昨年覇者は、屈指の飛ばし屋。昨季ツアーを騒然とさせた男の姿が今年はまだ見えない。昨年、嬉しい初優勝を飾ったミズノオープンも、今年は出場を見送った。  ...

広告