OTHER STORIES

福島県いわき市立勿来(なこそ)第二小学校でスナッグゴルフ実技講習会を実施(11月14日)

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4
  • photo5

いわき市立勿来(なこそ)第二小学校で、地元いわき市出身でLPGAツアーでの優勝実績もある、竹末裕美プロを講師に招いてのスナッグゴルフ実技講習会が行われた。

スナッグゴルフの実技講習会は、いわき市内では先日行われた、勿来第三小学校につづいて2校目となり、講師の竹末裕美プロを、小学校1年生の時、担任をしていた先生が勿来第2小学校に現在、在校されており、又勿来第2小学校のPTA会長がお父様の知り合いであったり・・・・
「やんちゃでした」と地元トークで児童に自己紹介。用具の説明のあとの竹末プロのフルショットの披露では、高く遠くに飛んでいくボールの勢いに引っ張られるように、立ち上がって「ナイスショット」と歓声をあげた。

今回の講習会は前半のパット、チップショット、ピッチショットの基本動作を3・4年生の児童が体験し、後半の5年生はピッチショット、フルショットの基本動作を学んだあと、じゃんけんで勝ち抜いた代表児童と竹末プロとのガチンコ対決が2回行われ、2打のオマケをもらった代表児童2名がホームとしての熱烈応援を受けて挑戦した。
1人目は、アプローチで苦戦し、3対4(6打引く2打)でプロが勝利、2人目は、2対2(4打引く2打)で引き分けとなり、プロが1勝1分けの勝利となったが、頑張ってくれた代表児童の2人にはプロ直筆サイン入りキャップをゲットし笑顔を浮かべた。

最後にゴルフについての紙芝居で、他のスポーツとは違い、審判員が居ないスポーツで、すべて自分で判断し、正直な心を持とうというお話で、プロの実体験のお話もあり、児童は聞き入っていた。

今回の寄贈は、近隣にある五浦庭園カントリークラブからの後押しが、これまでの中通り地区での普及から、浜通り地区への普及に拡大したことにつながった。
又、講習会には五浦庭園カントリークラブ・取締役支配人の倉橋様にご列席頂き、子供達の指導に当たっていただくなど、御協力を賜った。

東日本大震災における復興支援活動として、一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が用具の寄贈を福島県の主に中通り地区を主軸に23校が導入を行っており、その中通りでは、しらかわスナッグゴルフ大会の他、スナッグゴルフ親子大会も開催されており、地域の支援を受けた順調な普及が進行中である。
又、福島県内では、ダンロップ・スリクソン福島オープンを主催する、ダンロップスポーツ、福島中央テレビ、日本ゴルフツアー機構の3社と、NPO法人ゴルフタウンしらかわ等が連携し、福島県での新しいゴルフ普及振興策が、今回の寄贈・導入で浜通りまで拡大し、エリアを広げながら今後も継続した活動が展開されていく。

» 前のページに戻る

関連記事

広告