南秋田カントリークラブチャレンジトーナメント 2015

大会ロゴ

大会記事

森本雄が今季チャレンジトーナメント2勝目を思い出の地で果たす!!

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4

森本雄が高校時代の思い出の地、秋田でチャレンジトーナメント2勝目を達成した。
『南秋田カントリークラブチャレンジカップ』最終日、初日に続き66ストロークの好スコアをマークし、トータル10アンダー、渡部光洋、甲斐慎太郎、岩本高志とのプレーオフへ臨んだ。
1ホール目、甲斐と岩本が脱落、迎えた2ホール目、見事バーディパットを沈め、今季のチャレンジトーナメント2勝目を達成した。

南秋田カントリークラブでの大会で絶対勝ちたいと思っていた。
東北高校在学時代、「秋田わか杉国体」が南秋田カントリークラブで開催されていた為、幾度も回った思い出のコースだ。
「お世話になったこのゴルフ場で、ずっと恩返しをしたいと思っていました。
毎年出させてもらったのにこれまで結果を出せなかった。今回優勝出来て本当に嬉しいです。」

ゴルフの調子は良くなかったという森本だが、コースを知り尽くしているという自信と経験が勝利をもたらした。
「正直、ここ2戦予選落ちもしていて調子は良くありませんでした。昨日も今日も試行錯誤のラウンドで回っていたらいいところでパターが入ってくれたという感じです。あとは調子は良くないながらも、ここに打ってはダメとかコースを知っていたことで、最悪なケースは避けられたことが大きかったと思います。」

プレーオフでの苦い経験も今回見事に払しょくした。
2013年の「ロイズコーポレーションカップ in 福岡雷山」でも今回と同じく
Par5でのプレーオフ。
「あの時の敗戦があったから今回勝つことが出来たのかもしれません。
最初から、僕はそんなに飛ぶ方ではないので、3打目勝負を考えていました。
後半はパターが良くなってきたのでそこが良かったんだと思います。」
作戦通り、プレーオフ2ホール共に、3打目を見事に寄せてバーディ。
2勝目を掴んだ。

優勝した森本には8月に開催される『RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント』(8/27 ~8/30 芥屋ゴルフ倶楽部)の出場権が与えられる。
「チャレンジ、レギュラー関係なくどの試合も一生懸命やるだけです。レギュラーツアーに出られることは嬉しいですけど、まだそこで戦うのには足りない部分が多いと思っているので。」
レギュラーツアー出場にも冷静だ。

早くも2勝を達成した森本に今後のビジョンを聞いてみたところ、
「もう1勝すればレギュラーツアーに出られるというのはあるので、3勝目を目指します。ただ、やっぱりまだそこで戦うには足りない部分が多いので、まずはチャレンジでしっかり力をつけたいと思っています。今回の優勝で、来年のレギュラーツアー前半戦の出場権は獲得出来たと思うので、次はチャレンジの賞金王を目指したいと思います。賞金王になれれば、1年間の出場権も獲得出来ますし、レギュラーツアーで戦える自信もついてくると思いますしね。」

チャレンジトーナメント賞金王へ向けて森本雄が走り出した。


» 前のページに戻る

関連記事

広告