石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament  2016

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 2
  • Updated 10/08 14:50
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 Total Share
1 -5 塚田 好宣 1
-1 FIN 68 71 139 ¥1,800,000
2 -4 近藤 啓介 42
-6 FIN 74 66 140 ¥524,166
-4 丸山 大輔 4
-3 FIN 71 69 140 ¥524,166
-4 井上 信 11
0 FIN 68 72 140 ¥524,166
-4 高田 聖斗 31
-1 FIN 69 71 140 ¥524,166
大会名称
石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament
開催回数
第4回
開催期間
2016年10月07日~10月08日
開催コース
ロイヤルメドウゴルフ倶楽部
公式サイト
大会公式サイトへ
主催
everyone PROJECT
特別協賛

協賛
株式会社武蔵野/株式会社武蔵野ハウジング/ロイヤルメドウゴルフ倶楽部/カシオ計算機株式会社/
一般社団法人 全国信用金庫協会/キャロウェイゴルフ株式会社/株式会社マイナビ/株式会社アルバ/
株式会社パーゴルフ/キャロウェイアパレル株式会社/株式会社コラントッテ/アサヒビール株式会社/
全日本空輸株式会社/大和証券株式会社/烏山信用金庫/佐野信用金庫/栃木信用金庫/足利小山信用金庫/
大田原信用金庫/鹿沼相互信用金庫
後援
芳賀町/栃木県ゴルフ場協議会

特別後援

協力
NPO法人 石川遼ゴルフ振興事業団
ロイヤルメドウゴルフ倶楽部
特別協力

賞金総額
10,000,000円
優勝賞金
1,800,000円
優勝副賞
平成28年度産 芳賀町 四季の特産物 提供:JAはが野
ローアマ
カシオワールドオープン出場権
トップ&ボトムス 提供:キャロウェイアパレル 
特別賞
  • ホールインワン賞
    3番(197yds/Par3)・6番(191yds/Par3)・13番(235yds/Par3)・17番(232yds/Par3) ※本戦2日間
    ¥100,000- 達成者全選手 提供:everyone PROJECT
  • イーグル賞
    4番(581yds/Par5)・8番(503yds/Par5)・12番(575yds/Par5)・16番(579yds/Par5) ※本戦2日間
    ¥50,000- 達成者全選手(イーグル以上も含む) 複数個可※アマチュアを除く 提供:everyone PROJECT
  • ベストスコア賞
    本戦2日間の各日のベストスコア
    ¥100,000- (各日で同スコアの場合は複数均等割り)※アマチュアを除く 提供:ロイヤルメドウゴルフ倶楽部
予選カットラウンド
Round 1
上位カットライン
上位 63位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way
出場選手
120名

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 晴れ
北西
1.3
22.7
95人
DAY2:

0.7
17.9
117人

塚田好宣が逆転で今季チャレンジ2勝目、賞金ランキングトップに!

石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament(賞金総額1000万円 優勝賞金180万円)は8日(土)、栃木県芳賀郡芳賀町のロイヤルメドウゴルフ倶楽部(7,202ヤード パー72)にて予選を通過したアマチュア5人を含む78人の選手が参加して最終ラウンドが行われた。 朝から雨が降りしきる1日で、各選手ともスコアを伸ばすことができず、混戦となった。そ ...

DAY2

狩俣昇平、J・チョイの2人は最終18番でチャンスをものにできず、2位タイ

2位でスタートした狩俣昇平は、前半は2ボギーとスコアを落としたが、ハーフターンでリーダーボードを見て「みんなスコアを伸ばしていない。我慢のゴルフをして、スタート時の5アンダーに戻せばチャンスがある」と気を取り直した。そし ...

DAY2

近藤啓介は6アンダー66で追い上げるも優勝に1打届かず

近藤啓介は最終日、7バーディ、1ボギーの6アンダー66をマークし、通算4アンダーとして首位を激しく追い上げた。前日は2オーバー74だったために、インからのスタート。  ...

DAY2

中島啓太が通算2アンダーでベストアマチュアに、カシオワールドオープンの出場権を獲得

ベストアマチュア争いは中島啓太(代々木高校1年)と坂本雄介(埼玉栄高校3年)のマッチレースとなった。2人は同じ組でプレーし、2アンダーで並んでのスタート。「前半は坂本さんも話しかけてくれて緊張もしなかったんですけど、後半 ...

» 前日までの記事をみる

広告