JAPAN GOLF TOUR 一般社団法人 日本ゴルフツアー機構

unisys

東建ホームメイトカップ

大会記事

2年ぶりの開幕戦、出場選手が決定

3期連続の賞金王を狙います!

男子ゴルフが4月15ー18日の「東建ホームメイトカップ(三重県、多度カントリークラブ・名古屋)」から、20-21年シーズンの再開初戦を迎える。

その出場選手は2年連続賞金王の今平周吾をはじめ、賞金ランキング1位で2021年を迎える稲森佑貴や、同2位のチャン・キム、同3位の金谷拓実ら。

そのほか、選手会長の時松隆光を筆頭に、同副会長の池田勇太や石川遼、小鯛竜也ら、コロナ禍の窮地ではロビー活動でも奮闘してきた選手会の理事メンバーも本業で気を吐く。

さらに現在、世界アマランク1位の中島啓太さんや、石川遼の弟で、日体大在学中の航(わたる)さんが、並み居るプロに挑戦。

中堅、若手がひしめく中で、最年長の谷口徹や藤田寛之、手嶋多一らシニア勢の奮戦も見逃せない。

本大会は無観客での開催が決定しておりますが、17、18日の決勝ラウンドの模様をテレビ東京系列6局などでお届けする予定です。

2年ぶりに行われる男子ゴルフの”開幕戦”をぜひお楽しみいただければと思います。

続きを見る

Menu

Unisys Scoring System

このページの上部へ