JAPAN GOLF TOUR 一般社団法人 日本ゴルフツアー機構

unisys

プロフィール

選手写真

 1964年春、徳島海南高校のエースとして選抜高校野球大会を制し、翌年、プロ野球・西鉄ライオンズに入団した。実働3年で退団してプロゴルファーに転身。プロデビュー2年目の71年には9月の『日本プロ』で初優勝を飾ったのを皮切りに、わずか3カ月で5勝。ジャンボ時代の幕が上がった。
 賞金ランキング制が始まった73年に初代賞金王の座に就く。80年代前半に低迷期があったが、よりレベルアップして復活。94年からの5年連続を含む計12度の賞金王に輝いた。96年の『ダンロップフェニックス』では前人未踏のプロ通算100勝を達成。その数を113(うちツアー94勝)にまで伸ばした。
 8打差逆転が4度もあるなど何度も奇跡的なプレーを演じてきたこともカリスマ性を高めている。02年の『全日空オープン』では55歳という73年ツアー制度施行後の最年長優勝記録を樹立している。
 海外でも73年の『マスターズ』で日本選手メジャー初のトップ10となる8位に入るなど活躍。89年の『全米オープン』では最終日のインで一時首位に並んでメジャー制覇の期待を抱かせてくれた(最終結果は6位)。
 66歳で迎えた13年、『つるやオープン』初日に62をマーク。ツアー史上初のエージシュートを成し遂げ、17年『HONMA TOURWORLD CUP』2日目の70で2度目の快挙を達成した。プロデビュー50年目となった19年は7試合に出場。近年は原英莉花さんら女子選手の育成でも注目を集めている。

選手名
尾崎 将司 (オザキ マサシ)
所属先
I.S.T 
生年月日
1947年01月24日
出身地
徳島県 
身長
181cm 
体重
90kg 
血液型
B型 
出身校
徳島県立海南高校 
趣味
刃剣 
ゴルフ歴
21歳~ 
スポーツ歴
野球 
得意クラブ
ドライバー、サンドウェッジ 
愛車
 
アマチュア時代の戦歴
 
ツアープレーヤー転向
1970年--月--日 
ツアーデビュー戦
1970年--月--日 関東プロ 
QT受験回数
師弟関係
兄弟関係:尾崎 健夫 兄弟関係:尾崎 直道 
ホームページ
http://www.jumboozaki-333.com
このページの上部へ