HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2019

大会ロゴ

大会記事

遼プロは真っすぐ飛んでた! 土曜日ラウンドレッスンを開催

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4
  • 遼くんは温かかった

前日8日の大会2日目に、予選落ちをした選手たちが教えるジュニアラウンドレッスン会が行われ、選手会長の石川遼をはじめ、ホストプロの宮里優作、井上信、嘉数光倫、浅地洋佑の5人が参加。

地元の小、中、高校のジュニア15人をそれぞれ3人一組で引き連れ、試合コースの隣のハイビスカスコースを楽しくラウンドした。

5ホールのプレー後は、練習場でラウンドのおさらい。
9時過ぎに一番最初にコースに出た石川の組は、11時前には上ってきて、そこからたっぷり1時間半以上。
ときおり、石川自身がデモショットを打って見せるなど、中身の濃い内容となった。

石川の組に入った呉屋陽星(ごやようせい)くん(沖縄市立北美小5年)は、ゴルフを始めて5年。県内ジュニアで優勝経験があるという有望株は憧れの石川から「陽星、ナイスボール!」と、褒められどんどん目が輝く。

他の子たちのショットを見学する合間には、石川とリフティング大会。
空き箱に座らせた呉屋くんを包み込むように、石川も一緒に腰かけお喋り。

「遼プロは温かかった」と、呉屋くん。
後ろで見ていたお母さんも「こんな経験一生ないです。贅沢すぎます」と、感激していた。

この土曜日レッスン会の開催が初めて決まった昨年は、悪天候のため中止。子どもたちには待ちに待った時間だった。

「次世代の子らを育てていくのも、僕らの大事な仕事。主催者の方にその機会を作っていただき、自分もそこで少しでも貢献できればと思った」と、石川。

悩みあぐねてついに2日目にはバッグにも入れず、完全封印したドライバーだが「実は今日、5ホール中3ホールで使った」という。

「今日のラウンドで、すごかったのは遼プロのドライバー。真っすぐ飛んでいた」とその出来を、呉屋くんが証言。

無邪気な誉め言葉に、ちょっぴり苦笑しながら「教えながら、ジュニアの子たちのスイングを見て、勉強になりました。自分の悪い癖もなんとなくわかって、いいきっかけになりました」。
予選通過に3打足りずに、無念の週末が子どもたちに生かされた。
教えたつもりが、教えられて感謝していた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告