トップ杯東海クラシック 2019

大会ロゴ

大会記事

片山晋呉が三好で22回連続予選通過

  • photo1

ツアー通算31勝の永久シード選手が、大好きな三好で偉大な記録をまた更新した。
片山晋呉が、出場全22試合連続予選通過を果たした。

後半16、17番の連続ボギーにヒヤリとしたが、最後の18番はしっかりパーセーブ。
通算4オーバーは、52位タイで辛くも安堵した。

今大会は97年に初出場したあと翌年こそエントリーを空けたが再び99年からは、11年連続のトップ10入りを果たすなど、三好で積み上げた通算獲得賞金は、1億1643万8920円。

13年にはプレーオフを制して絶叫する悲願の大会初優勝もあった。
元祖三好男は「今年で22回…へえ、そうなの? …すごいよね!」と、46歳の矜をひらめかせて「明日からは、また加速していくだけ」。
50回目の記念大会こそ、週末に存在感を出したい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告