ANAオープン 2019

大会ロゴ

大会記事

ジャンボさんとまた一緒! 堀川未来夢が初V報告

  • photo1

通算113勝のジャンボ尾崎が、3か月ぶりにツアー出場する。大会7勝を誇り、もっとも新しい勝利も02年の今大会と、輪厚(わっつ)は”我が庭”。

レジェンドの久々の登場に随伴するのは、再び堀川未来夢(26)だ。
「ジャンボさんは今年が4試合目で、予選ラウンドで僕は3回一緒の組」という的中率で、前回同組の「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」では、嬉しい初Vを5年シードのメジャーで飾った。

前回のラウンド後は、課題のパッティングにアドバイスをもらって初勝利につなげた。
「いろいろ教えていただけるし、またご一緒できるのは嬉しい」と、堀川。
「あれ以来まだお会いしていないので、優勝報告という形ですね。明日は報告とお礼と」と、みたびの対戦を待ちわびる。

前回、ジャンボは初日に棄権。さらに、もうひとり同組だった”踊る虎さん”こと崔虎星(チェホソン)までもが今度は2日目のスタート前に棄権してしまい、第2ラウンドは独りぼっちでコースを回った。
「やっぱり一人は寂しかった」というが今回は、開幕前日の水曜日に同伴のベテランプロ、久保谷健一に挨拶も済ませて準備は万端!?

賞金ランクは現在7位。来月の日米共催&日初開催の米ツアー「ZOZO選手権」(10月24日~27日、千葉県・習志野カントリークラブ)」は、今季初戦から10月のブリヂストンオープンまでの賞金ランク上位7人などに権利があり、「ZOZOを中盤戦の節目と考えている。あともうひと踏ん張り、ふた踏ん張りくらいしないとダメ」と、堀川には今が正念場。
「そこまでに、また優勝争いをしたい」。
再びジャンボとの対戦で、その秘策を授かれるか。

» 前のページに戻る

関連記事

広告