東建ホームメイトカップ 2019

大会ロゴ

大会記事

今平周吾がコース入り

  • photo1

前日16日火曜日の夕方に帰国して、翌水曜日にコース入り。この日は出場登録だけ済ませに来た。

先週、初出場のマスターズは日本勢4人中1人だけ予選落ち。
しかし、フライトスケジュールは変えられないためコースに残って土曜日は観戦。
日曜日は、「午前中練習をして、家に帰ってテレビで見ました。感動しました」と、ウッズの復活劇を現地で目に焼き付けた。

自身の力不足も痛感しながら帰ってきた。
「正確性だけでもいけるかなと思ったのですが、やっぱりもう少し飛距離がないと。できれば15ヤード。とりあえずは10ヤードを目指してやりたいです」と初の大舞台で大きな課題も持ち帰った。

慌ただしいスケジュールで迎える今季の国内初戦。
2年連続の賞金王を目指すが「開幕戦なのでまずはトップ10を目指してやりたいです」と、新シーズンもコツコツと頂上を目指す。
今年は初の選手副会長に就任して、ファンサービスにも懸命だ。
やむなく欠場を決めた石川遼の穴を埋めようと、大会オリジナルのピンフラッグにさっそくペンを走らせていた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告