フジサンケイクラシック 2018

大会ロゴ

大会記事

3位に終わった重永亜斗夢は「あのキャディ~~~!!」

  • photo1
  • 柏木さん、次は見てろよ~~~。富士桜のナオちゃんさんキャディ(左端)も残念・・・!! 1週間、お疲れ様でした。

最終日のアトムは何が悔しいって、2位争いに負けたこと。スタート前から大量アンダーのリードを持っていた同じ最終組の星野。「元々優勝は狙っていない。流れ的に陸也だった」。
それでも、脅かすに十分のゴルフをアトムはやった。
スタートの1番でいきなりピンそばのバーディを奪うと3番、5番とじわじわと差を詰めていった。

一度は3差に迫った。
折り返して、星野の10番にはさすがに度肝を抜かれた。
勢いのついたランニングアプローチを直接、カップにぶち込まれた。さらに13番のパー3では、ティショットが入りかけだ。
「その時点で“こいつ、優勝だな”と」。
初優勝者が続く今季ツアーの流れを、国内でいち早く作ったのがアトムである。自身が開幕戦「東建ホームメイトカップ」でツアー初優勝を飾った時を思えば「陸也は俺のときよりあたふたしていなかった。怖さを知らず、思い切りがよい。俺よりもスケールがデカいし、良いゴルフをする」。
内心、心底脱帽しても、星野のスーパープレーにアトムも応戦。3連続バーディの12、14番の間の13番では、奥のラフからチップイン。星野とグータッチで、アトムも胸のすくV争いを演出した。
それでも5打差で迎えた17番ではもはや、星野の初Vは決まったも同然だった。そのときグリーン上では前の組の今平周吾の4連続バーディに沸いていた。
今平がプレーを終えて、キャディの柏木さんがピンを挿した時。「見間違いじゃなければ、柏木さんがこっちに向かって指を指したように見えた。“捕らえるぞ”みたいな感じで」。

静かな周吾の代わりに挑発している、と感じて臨んだ残り2ホールは“白熱の2位争い”。
それだけに、今平の最後の5連続バーディにも動揺したし、自分は右手前のバンカーから寄せきれずにみすみすボギーにしたことにも「なおさらイライラしています。2位はほぼかたいと思っていたのに負けたから。・・・あのキャディ~~~~!!」。
アトムが悔しいのはあくまでも、にっくき柏木キャディにみすみす1打差で敗れたことなのだ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告