カシオワールドオープン 2018

大会ロゴ

大会記事

賞金レースは次週に持越し

  • photo1
  • photo2

勝てば決まる今週、周吾は13位タイに終わった。ついに次週のシーズン最終戦は、ノリスとの一騎打ちとなった。

賞金ランク5位で、今週を迎えた池田勇太も勝てば次週に望みを残すこともできたが「あんまりそこは考えてなかった。結果としてついてくればよしだし」。
それでも、最終日は11番から5連続バーディを奪う猛攻で沸かせた。
今季2勝目にもう、手が届きそうだったが3打差の3位タイで今年、池田の賞金王争いは終焉。

ついに、賞金王の可能性があるのは、賞金1位の今平と同2位のノリスの2人だけとなった。
ノリスの逆転キングの条件は次週に勝って、なおかつ今平の順位次第となった。

圧倒的に有利な条件で、次週のシーズン最終戦に臨むことになった周吾。
「ゴルフは何が起きるかわからない。負けてもしょうがない気持ちはあるが、最後は勝ちたい。優勝争いしたいです」。
今季2勝目で堂々と頂上に立ちたい。



» 前のページに戻る

関連記事

広告