RIZAP KBCオーガスタ 2018

大会ロゴ

大会記事

2年越しの“連覇”がかかる?! 石川遼

  • photo1
  • 一昨年の優勝シーン。2年越しの“連勝”で真夏の芥屋を熱くさせる?!
  • photo2
  • 先月のスナッグゴルフ全国大会。表彰式でのサプライズに子どもたちは絶叫、絶叫また絶叫・・・でした^^
  • photo3
  • 熊本出身。永野先輩(左)、重永先輩にはいつもお世話になってます。

この夏、選手会長は神出鬼没。7月。スナッグゴルフの全国大会で、予告もなく突如、表彰式に現れ子どもたちを絶叫させると8月には群馬でサプライズ。


富岡ゴルフ倶楽部で行われた「群馬県ゴルフ練習場連盟主催ジュニアゴルフレッスン会」にこれまた前触れもなく、登場して参加者を喜ばせた。


そして“夏休み”も最後の先週末は熊本でまたひょっこり。
震災復興支援のイベントに“友情出演”。
同県出身の永野竜太郎と重永亜斗夢には日頃から、世話になっている。
「両先輩には練習ラウンドなどいつも良くしていただいて、僕も熊本のために、何か出来ることはないだろうか」と駆けつけた。
フットワークも軽やかに、商店街アーケードの特設ステージにかけ上がると永野と重永と並んでマイクを握って熊本への思いと、これからのゴルフ界について熱く語った。


約3週間の空き週も、ゆっくり休む暇もなかった。
そのほか地区オープンや、肝いりの“ゴルフ巡業”「フューチャーGOLFツアー」で各地をかけ回るなどツアーの日程がない週も奔走を続けた。



選手会長の、忙しかった夏休みもようやくおしまい。
男子ツアーはいよいよリスタート。今週は、福岡・夏の陣。
石川遼が「RIZAP KBCオーガスタ」で2年越しの大会連勝を狙う。
大会が長年力を入れる「ジュニア育成プロジェクト」の一貫として、今年もエントリーが決まった8歳下の弟・航さんとの兄弟競演も見もの。
スタート前にかかるお気に入りの勝ちウタに乗って、選手会長もノリノリだ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告