ダンロップ・スリクソン福島オープン 2017

大会ロゴ

大会記事

ベストアマチュア賞は比嘉一貴さん

  • photo1

最後の最後に、先輩の貫禄を見せた。ベストアマチュア賞は、東北福祉大の先輩後輩対決を、比嘉さんが制した。

「4日間を通してパットが入ってくれず、なかなかチャンスを決められなくて、伸び悩んでしまった」と、3日目を終えた時もひとつ下の山路幹さんには、1打負けていた。

今年のダンロップ・スリクソン福島オープンは、9人のアマチュアが挑戦した中でも、予選通過を果たしたのは比嘉さんと山路さんの2人だけで、熾烈な争いが、繰り広げられていたが、いよいよ最終日のバックナインで比嘉さんが、怒濤の4連続バーディを奪って勝負はついた。

通算10アンダーは34位タイで、山路さんを退け「先輩の意地を見せることが出来て良かったです」と、安堵の笑みを浮かべた。

憧れは、やはり大学の偉大な先輩、松山英樹だ。「ご飯につれていってくれたり、一緒に練習してくれたり、凄く面倒見てくれる。先輩を超せるように頑張っていますが、先輩も凄く努力をするので」。
いよいよ最終学年の半ばを過ぎて、先輩以上の努力を誓った比嘉さんだ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告