長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 2017

大会ロゴ

大会記事

母国メジャーを制したばかり。好調も黄重坤(ハンジュンゴン)は一歩届かず

  • photo1

上がりの連続バーディで、単独首位に。最終日の大混戦も、ひとつ前の組で通算17アンダーで抜けだして、最終組を待ったがキムにあっさりとひっくり返された。

結局、1打差の敗退に前半4番のボギーを悔やんだ。バーディトライから、3パットのボギーを叩いた。
「そのあとのパー3(7番)でもボギーにしてしまった。それが今日一番の敗因」と言うと、色白の肌が紅潮した。

「キムさんが良いゴルフをしていたのでしょうがない」とは言いながら、悔しさをあらわにさせた。

2週前に、母国メジャーの「韓国PGA選手権」で、逆転優勝を飾ったばかり。その資格で、韓国開催の米ツアー「ザ・CJカップ」の出場権も勝ち取り、絶好調のまま会場入りした。
「目標は優勝」と、2年ぶりのツアー4勝目をにらんで北海道に来たが、一歩及ばなかった。


» 前のページに戻る

関連記事

広告