カシオワールドオープン 2017

大会ロゴ

大会記事

昨年の賞金王が連覇を狙う

  • photo1

2年連続の賞金王に向けて連覇達成が大きなカギを握ることになった。昨年はこのカシオワールドオープンで、その年3勝目をあげて、初の賞金王獲りへのくさびを打った池田。

思い出の高知で、今年は土壇場の可能性を探ることになった。
賞金1位の小平智と同4位の池田との賞金差は、3000万円強ほどある。

今大会から、いずれも優勝賞金4000万円の残り2戦で結果を挙げれば、逆転も十分にありえる。

加熱する賞金レースの一方で、毎年注目を集めるシード権争いは、これが事実上の最終戦。
ますます若手の台頭が加速する中選手たちにはこれから2戦で、泣き笑いの日々が続く。

現在の賞金ランキング一覧

» 前のページに戻る

関連記事

広告