カシオワールドオープン 2017

大会ロゴ

大会記事

石川遼は「出来れば優勝争いしたい」

  • photo1

大事なホスト試合を、悲壮な気持ちで迎えずに済んだ。5期目の米ツアーでシード落ちを喫して戻った10月の日本オープンから続いていた連続予選落ちの不名誉な記録も、6試合目の先週でやっと途切れた。

「6試合連続で来るのと、先週通ってくるのとではきっと雰囲気も違った」。

帰国直後から5戦は練習場でもドライバーと、5番アイアンしか持てなかった。「パットの練習も、試合の10分前しかしてなかった」。

米ツアーから持ち帰った負の土産。
「思っていたよりも、癖の強い自分の打ち方。治すのに苦労したなというのはあるんですけど遅かれ早かれ治さないといけないと気づいた。気づいてしまうとすぐに取りかかりたくなってしまった」と予選通過も度外視で、この1ヶ月は何万球も打ち込んだ。
「練習をメインにやっていたときに、同時に結果を求めるのは難しかった」とあの時は、ただただ、スイング修正のための練習に徹するしかなかった。

それもようやくめどがつき、「練習もやっと、試合に向けてどういうふうにやっていくか、という普段のルーティンに戻した」。
練習がやっと、試合の準備になったのが先週。
同時に、やっと予選通過という結果も残して一息ついて迎えた2年ぶりのこのホスト試合で「出来れば優勝争いしたい」と、言えるまでになって戻ってきた。

予選ラウンドは、同じマネージメント事務所の先輩と、同組なのも嬉しい。
「マイナビABCチャンピオンシップ」で、ツアー初優勝を飾った小鯛竜也は3年前から参加した、石川のオフ恒例の沖縄合宿に刺激を受けたと、優勝インタビューで語ったが「僕は(小鯛の優勝は)合宿の成果とは思っていない」と、謙遜した。
「竜也さんは僕よりもゴルフが上手いので。初めて合宿に来てくださったときから思っていた。曲がらないし小技も上手いし、今までのものが積み重なって竜也さんは勝てた」と、たたえた。

「竜也さんは、僕が打てない球を打つ。僕がドローなら、竜也さんはフェード。お互い自分の球筋を信じて良いプレーがしたい」。
スポンサーを喜ばせる活躍を誓った。

» 前のページに戻る

関連記事

広告