カシオワールドオープン 2017

大会ロゴ

大会記事

市原弘大はシード落ち決定にも前向き

  • photo1

シード権争いの選手たちにとっては、この事実上の最終戦。今季も、第一と第二シードの二枠が設定された中でも先週までに、“第二”のボーダー線となる80位内に入っていなかった選手たちがこの2日間で、予選落ちをすれば自ずとシード落ちが決まる。
最終日を待たずして、涙を呑んだのは以下の5人だ。

カート・バーンズ(賞金ランク82位)
市原弘大(賞金ランク85位)
増田伸洋(賞金ランク92位)
小林伸太郎(賞金ランク101位)
C・ニラト(賞金ランク105位)

以上の選手たちはその場で次週、茨城県のセントラルゴルフクラブで行われるファイナルQTで、出場優先順位を取り戻さなければ、来季の権利も得られないが、バーンズは「しばらく休みたい」と、エントリーは見送った。

他4人は次週は予選4日、決勝2日は計6日間の長丁場に挑むが、「みなさんが、考えているよりも、僕は悲壮じゃないです」と、逞しく笑ったのは35歳になる市原。

今季は序盤に、左手親指の付け根を痛めた影響は大きく、治療の限りを尽くして最近ようやく症状は治まっても、遅れた分を取り戻すには遅すぎた。
「近くに乗らない、入らないと、悪循環」と、4年連続6度目のシード権の確保には失敗したが「プロも17年やってれば、こんなこともある」と、達観しきりでむしろ、それをチャンスにとらえようと懸命だ。

「試合は探せばどこにもある」とこの日、6位タイにつけた川村と同じセリフで「プロになったばかりの頃の生活に戻れということなのかな」と、日本のQTはもちろん、来季は早々にも、デビュー年の01年にまず活路を見つけたアジアンツアーのQTにも挑戦するつもりだ。
「応援して下さっている方には心配かけて、申し訳ないがシード落ちをしたらしたで、今までにはトライできなかったことも出来る」と、前だけを向いている。

» 前のページに戻る

関連記事

広告