三井住友VISA太平洋マスターズ 2017

大会ロゴ

大会記事

日曜日は“小平美保さん”になります

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4

今週は御殿場で、変幻自在に名字を変える?!
この日のプロアマ戦での“共働き”はもはや、恒例行事となった。今週、58歳になるシニアの芹澤信雄と、ゴルフ上手のアイドル、山内鈴蘭さんと後藤楽々さんという“強豪チーム”の中でも、もっともこの日、スコアに貢献したというからさすが元賞金女王だ。






チャリティオークションでは「“小平さん”の(グッズ)を持ってくれば良かったですね」と、“ご主人”を立てた古閑美保さん。
「今日は私、古閑ですけど週末は、小平になります」と、相変わらずラブ全開。
お仕事の時はけじめをつけても、夫の応援の際は妻に徹する。週末は、ますます混沌としてきた賞金レースの渦中にいる夫の応援に、集中する。

「見ておられる方には面白くても、私はもう、ドキドキです」と、挙式を控えた年末の賞金王獲りに加えて、披露宴では夫婦で封を開けたいのがあの招待状だ。

「夫も常日頃から、マスターズに行きたいと言っているので。私も応援したい」。
年末の世界ランキングで資格のある50位に食い込むには、残り4戦で最低でも1勝はあげたい。
「調子はいい」と、言い続けている夫も「今週も大好きなコースのひとつなので」と昨年、3位タイにつけた御殿場で、もちろん今季2勝目を狙っている。

プロアマ戦後のパッティンググリーンでは、山内鈴蘭さんにパターの特別レッスンで、喜ばれていた優しい夫。
その様子に目を細めながら、「智」のステッカーがついたスマホの動画におさめる妻。

むつまじい姿。

今年3月に結婚してから、ずっと2人で言い続けてきた「2人で一緒に優勝カップを持つのが目標です」。
今年はトップ杯東海クラシックで優勝を飾った際には、古閑さんはあいにく、別件で会場には来られなかったが今週末こそ実現できるか。


» 前のページに戻る

関連記事

広告