RIZAP KBCオーガスタ 2017

大会ロゴ

大会記事

藤田寛之は「ぎりぎり合格」

  • photo1

じりじりと伸び悩んだ2日目。シビアなピン位置に、いつもの持ち味が発揮出来なかったと嘆いた。7番ではらしからぬ3パット。10番では、端っこのピン位置に対して、アプローチが寄せきれなかった。
加えて芥屋の風。今年、芥屋の高麗グリーンは、例年にもまして硬くて速い。
「狙いに行って、ショートさせたり。グリーンを外す機会が多くなる中で、難しかった」。

一進一退の末に、18番でバーディチャンスを沈めて、最後にやっと、ひとつスコアをへこませ「ぎりぎり合格かな」と、息をついた。

地元福岡県の香椎出身。高校時代までを過ごした。
平日から、ロープの外にはたくさんの懐かしい顔。
「応援していただくと嬉しいし、その分変なプレーは出来ないなと思う。いま自分は不安げな中でやっているが、その中でも見に来てくれた方に、ひとつでもナイスバーディとかナイスセーブとかを見せたい」。
大会2度目の地元Vで魅せたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告