ダンロップフェニックストーナメント 2016

大会ロゴ

大会記事

ケプカもおののく61。池田勇太が記憶に残る単独2位

  • photo1

男子ツアーは残り2戦で、再び賞金1位を奪い返した。5打差から出た最終日は、世界ランク21位をとことんまで追い詰めた。結局1打届かなくても「日本人の意地を見せつけられた」。
そう胸を張って当然の池田のゴルフは「59を出されたら、お手上げだと思った」と、ケプカもおののいた。

この日61のコースレコードタイ記録は、自己ベストを1打更新。この日の11バーディは、これまた自己新と大会最多バーディ記録を1打更新。2日目の3番では試合で自身初のホールインワンもあった。まさに、記録と記憶に残る今季5度目の2位となった。

序盤から飛ばしに飛ばした。
1番、2番と4番、5番で前半2つの連続バーディも、このあたりはまだ、ケプカが優位に立っていた。

大きく潮目が変わったのはケプカが右に曲げた10番だった。

池田はピンそばのバーディ、ボギーで3打差に詰め寄ると、11番の連続バーディで、2打差。
さらに、15番でも連続バーディで、ついに「怪物」をとらえた。15番のバーディには、ケプカも目を剥いた。
「池田選手の6メートルくらいのスライスラインは、外れていたら2メートルは行っていた」。
強気のパットで脅かした。

ところが17番で、先に1.5メートルにつけた絶好のチャンスを逃したのは痛かった。
1打差つけられ迎えた18番は、左のカラーから複雑なスネークラインを消して、アプローチで直接カップを狙う“イーグルトライ”は惜しくも数十センチほど手前で止まってしまった。

ケプカが2メートルのバーディパットを沈めるのを清々しい笑顔で見届け「最後、締めてくるのはさすがワールドランカーの力」といさぎよく勝者を称えた。

「負けたけど、盛り上がったからそれでいい。普通の負けは、みんなすぐに忘れるけど印象的な負け方なら2、3日は頭に残るだろう」。

今季5度目の2位でも賞金レースをまたさらに、面白くした。2000万円を加えて再び谷原を抜き返したが、獲得賞金1億6749万7703円は、その差わずか472万円。
「どうせ最終戦までもつれこむと思っている」。
賞金レースも、人々の記憶に残るものにしてみせる。

» 前のページに戻る

関連記事

広告