ジャパンクリエイト チャレンジトーナメント in 福岡雷山 2015

大会ロゴ

大会記事

副田裕斗はプレーオフで散るも自己ベストの2位タイフィニッシュ!!

  • photo1

『ジャパンクリエイト チャレンジトーナメントin 福岡雷山』最終日、副田(そえだ)裕斗が7バーディ、1ボギーの66ストロークをマークし、日髙将史と髙松瑠偉との3つ巴のプレーオフへ駒を進めた。
1ホール目、日髙将史と髙松瑠偉のバーディに対し、副田は惜しくもバーディパットが入らず、悔しい敗戦となった。

「チャンスは結構あったんですけど、パターが肝心の所で入りませんでした。ショットはいいのでそこが原因でしたね。プレーオフのバーディパットは、決めたら2人にプレッシャーをかけられたと思いますけど、楽にさせてしまいましたね。」
最後までパットに泣かされた副田だが、それでも自己ベストの2位タイフィニッシュだ。
次戦は「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」に出場する予定で、すでに気持ちは切り替えている。

「今回の経験を活かせるように次頑張ります。」
副田の今後の活躍に注目だ。




» 前のページに戻る

関連記事

広告