ジャパンクリエイト チャレンジトーナメント in 福岡雷山 2015

大会ロゴ

大会記事

髙松瑠偉は65マークするも、4ホールのプレーオフに泣く

  • photo1

『ジャパンクリエイト チャレンジトーナメントin 福岡雷山』最終日、首位と5打差の16位タイからスタートした髙松瑠偉は8バーディ、1ボギーの65ストロークをマークし、トータル10アンダーフィニッシュ。一時はクラブハウスリーダーとなり、優勝への期待も覗かせたが、プレーオフへ突入。
4ホールに及ぶ熱戦を繰り広げたが、一歩及ばず涙をのんだ。

1ホール目は難しいバーディパットを沈め、2ホール目にはセカンドショットを右に大きく曲げながらもナイスパー。終始我慢のゴルフでチャンスを伺っていたが最後には日髙のバーディに屈する形となった。

「プレーオフは1ホール目と2ホール目よくしのげました。1ホール目は上りのフックを決めることが出来て、2ホール目は泥もついていて正直あきらめモードでした。プレーオフは我慢のゴルフでしたけど、ずっとドライバーが当たらなかったのが敗因ですね。飛ばして優位に立つゴルフなんで、そこが出来なかったのはつらいですよね。」

プレーオフでのドライバーには悔やまれるが、この日のラウンドは本人も満足の65ストローク。
「日本プロ、関西オープンと出る予定なので、この経験を活かしていい結果を出したいです。」

この悔しさは、レギュラーツアーで晴らしたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告