中日クラウンズ 2014

大会ロゴ

大会記事

初Vは近いぞ! 岩田寛

  • photo1

今年のヒロシは一味違う。「よくみんなにも言われます。変わったね、と」。以前はひとつのミスに、キレてますますミスを重ねる悪循環で、優勝を逃してきたが、「今はボギーを打ってもこれで終わりじゃないと思える。33歳になって、気付きました」と、本人も苦笑いの改心ぶりだ。

昨年末には「まだ未勝利のくせに」と思われるのが嫌で、誰にも黙って挑戦した米ツアーのQスクールで、我慢を覚えて帰って「自分の中では貴重な経験」。

これを契機に今年3月にタイで行われた全英オープンのアジア予選でトップ通過を果たし、今季ツアー初戦にあたるインドネシアPGA選手権では6位タイにつけて、開幕戦の「東建ホームメイトカップ」では、単独2位。

そして今週は、難しい和合で粘って単独4位に。

「途中、スコアボードを見たら、ボギーを打っても順位が変わらない展開」と、そう楽観した瞬間に17番でボギーを打って、すると同じ組の小田孔明が次の18番でバーディを奪い、対して岩田はここでもまたボギーのピンチに「並ばれる。焦って必死でパーを取りに行った」と7メートルがカップに沈むと、普段はめったにしないガッツポーズを思わずしていた。
「17番でボギーを打っても我慢した甲斐があった」と、和合でも改めて実感することが出来て、初Vに向けてもまたひとつ大きく前進出来た4日間となった。





» 前のページに戻る

関連記事

広告