ゴルフ日本シリーズJTカップ 2014

大会ロゴ

大会記事

近藤も岩田もグリーン上で苦しむ

  • photo1

大逆転の賞金王の可能性が残っている賞金ランク3位の近藤と4位の岩田。しかし、この日もやっぱりグリーン上で苦しみ、順位が上げられない。

岩田は、4番でダブルボギー。左に打ち込んだティショットが運良く出てきたのは良かったが、アプローチがグリーンに届かず。5メートルのボギーパットも外して「グリーンが読みにくい。ショットも良くない」。

全面張り替えが行われたグリーンは「重いところがあったり、速いところがあったり。考え出すと、どんどんタッチが合わなくなる」と、ドツボにはまる。

一時はオーバーパーに沈んだが、後半は15番で6メートルを沈め、17番では15メートルものバーディトライをねじ込んだ。「上がってくるときはイライラしていましたけど」。後半の巻き返しを思い返せば、ヒロシの顔にもちょっぴり笑顔が戻る。

「あれで、チャラだな」と改めてスコアボードを見上げても、上が言うほど伸びていない。「それが唯一の救いですね」。

近藤は2オーバーで2日目を終えて、苦笑いだ。初日に続いて11番で、2日連続のダブルボギーに「今日はティショットを右の林に打って出すだけ。あそこは鬼門だね」。
大逆転の賞金王には岩田はもちろん、近藤もまた、ここでの優勝が絶対条件で「自分がいいスコアを出さない状況で、パットが入ってくれないこの2日間。厳しいな・・・」。この日は2人揃って同じ組で、ため息混じりにスコアボードを見上げた。


» 前のページに戻る

関連記事

広告