カシオワールドオープン 2014

大会ロゴ

大会記事

平本穏(ひらもとやすき)が大逆転の初シード入り!

  • photo1

初優勝には届かなくても、自己ベストの3位タイがもたらしたものは、あまりにも大きい。こぼれた涙。「泣くつもりはなかったのですが・・・」。応援に駆けつけてくれた家族の顔は笑顔で見れてもこの人の顔を見れば、泣かずにはいられなかった。
「昨日も僕が緊張しないように、お前は大丈夫だと言ってくれた」。同じ広島出身の竹谷佳孝。6つ先輩の労いにも感極まった。

まさに、起死回生の1週間となった。来季の出場優先順位を決めるQTはサードで失敗。今大会が始まる前は出場権もなく、完全に道は閉ざされていた。
ダメ元で会場に来て、直前まで欠員が出るのを待って、出番を得た。最終組で迎えた最終日は首位タイで出て、一時は単独首位にも立って、またとない初Vのチャンスも、前半からひとつ前の片山の組が「わーわーと歓声が凄かったので」。

後半は片山の4連続バーディで、頭一つ抜け出したことを知ったときに、思い出したのはいつか誰かに聞いた話。「あれほどの選手がぱーんと上がってきた時は、その人の日だから。2位とか3位につけているのなら、無理に優勝を狙いに行って、10位とかに落ちるくらいなら、自分は2位や3位を狙いに行くことだよ」。
逃げたのではない。勇気ある「下方修正」も、平本にはもうひとつ、狙いたいものがあった。5位タイ位内なら、上位75人の賞金シード入りの可能性が出て来る。もし漏れても、そこから10人内に入ればファイナルQT進出のチャンスも出てくる。

「優勝は最大の出来事。でも、それよりやっぱりファイナルQTから行きたいとか。あわよくば、ファイナルQTに行かなくてもよくなるとか。そういうのにスイッチを切り替えられても、パーでいいやと思うとですね、もうどんどんパーを獲るのが難しくなって15番も16番も、18番も“ガッツパー”みたいになった」と苦笑した。
最後は12メートルのバーディトライも「いやあ、長かった。最後の試練を思って打った」と、渾身のOKパーに心の底から安堵した。

賞金ランクは68位に食い込み、いわゆる「第二シード」は秋に、出場優先順位の組み替えの対象にはなっても、ファイナルQTには行かなくてもいいし、来季前半戦の出場権は確保できた。

何もかも失った先週までの自分を思えば、まさに土壇場の大ドンデン返しだが、それにあぐらをかくつもりは毛頭ない。
「今年はサード落ちを味わいながら、来年も出られるようになったと嬉しくて泣いて、笑って帰るけれども、来年になっただどうなるか分からない。来年はまた、泣きを見ることになるかもしれない。そういう世界。気を抜かずに今後の良い材料になっている」。
泣いて笑って帰っても、さっそく来季のために、トレーニングに励もうと思っている。「チャンスをもらったので。悔いのないオフの過ごし方を考えたいと思います」。
何はともあれ、来季はシード選手の仲間入り。この機会に覚えてもらおう。平本穏、28歳。「やすき」の「穏」は、穏便の「穏」。間違っても「隠れる」の「隠」ではありませんのであしからず。

» 前のページに戻る

関連記事

広告