ブリヂストンオープン 2014

大会ロゴ

大会記事

ホストプロの宮本勝昌は「来年こそ」

  • photo1

最終日は、チーム芹澤の包囲網。藤田とともに、孔明を最後まで脅かした1人が宮本だ。16番のパー5は、4メートルの絶好のイーグルトライ。「手が動かなかった」と、惜しくも逃して、続く17番のパー3は、手前のラフから寄せきれず、3メートルのパーパットを逃して痛恨のボギーに「あれは仕方ない」と、さばさばといいながらも、大会主催のブリヂストンの看板プロとして、この大会で勝ちたい思いは胸一杯。

「この大会は絡むことも多いし、いつかは優勝したい」と、今年は3位タイに終わって悔しそうに、「来年こそはリベンジです」。主催者の恩に報いる、近々の悲願達成を誓った。


» 前のページに戻る

関連記事

広告