日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills 2013

大会ロゴ

大会記事

石川遼は最下位に

  • photo1

同じ組で回った松山とは対照的な出だしになってしまった。1番で、奥から7メートルのバーディトライを決めた松山に対して、石川は3メートルの絶好のチャンスを外した。
バーディ、ボギーのあとの2番は、イーグルを奪った松山に対して、石川はティショットを右にOB。

この日は17番でも右にOBを打って、1日2個のダブルボギーに「ドライバーはそれ以外は良かったけれど。大きなミスが2個あったしアイアンは、なんてことないライからピンに行かない。それがロングパットになって、タッチが合わない。このくらいの内容なら、このくらい打ってしまうのがこのコース。今日は1日そんな日でした」。

石川の今季国内初戦は、松山との21歳対決もあって、初日から大勢のギャラリーが駆けつけた。日本では知らない人はいない超・人気者も今年から、本格参戦した米ツアーではこうはいかない。

「今年は半年、あれだけの人の中でプレーをしたことがなかったですし、今日は1番ティに立つと凄く緊張しました。あれだけ人が集まれば、やっぱりかなりの迫力。最初の方は、それで硬かったなというのはあります」。

最初の2ホールで、松山といきなり5打差もついてしまった。そのあとも序盤の出遅れを、取り戻すどころかずるずると、スコアを落としてますます差は開くばかりで、2位につけた松山に対して、石川はとうとう最下位まで落ちてしまった。

「英樹は英樹なりに、普通にやっている感じ。ショットの安定感が凄い」と、久しぶりにライバルのゴルフを間近に見るにつけても、ホールアウト後に直行した練習場で、再びその残像が、蘇ってきた。
「英樹は合わせていない。ドライバーもアプローチも。中途半端な距離を打つときでも決まった振り幅で、一気に振れている。一回も緩みのないスイング。自分の問題点を考えたときに、そういえば英樹は、常によどみのないスイングが出来ている」。

テレビで今年の松山のスイングを見るにつけても、絶対に勝てないと思い込んでいた飛距離。しかしこの日は懸念していたほどには、松山に置いていかれることもなく、「自分も意外と頑張っている」と、それが確認できたことについては嬉しい誤算もしかしゴルフの内容も、スコアも今日のところは、完敗だ。

その松山に追いつくどころか2日目は、予選通過をするためにも、かなりのビッグスコアが必要となったが「今日はこういう日だったと割り切って、明日は明日のベストスコアを目指してやるだけ。土日もプレーが出来るように。明日1日でなんとか挽回できるように頑張る」。
久しぶりの日本で、またミラクルを呼び起こす。

» 前のページに戻る

関連記事

広告