長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 2012

大会ロゴ

大会記事

平本穏(ひらもとやすき)は「もう1日、しっかりと!!」

  • photo1

今季は、ファイナルQTランク14位の資格で、自身初の本格参戦。
昨年の、チャレンジトーナメントの賞金ランキングの上位者とで構成される“出場優先順位”は、この「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」までの獲得賞金をもとに、今年初めての組み替え(リランキング)が行われるというのに、平本はまだ今年は2試合で予選通過を果たしただけで、気持ちはなおさら焦っていた。

「予選落ちばっかりして、自分で自分を苦しめている」。
忸怩たる思いで広島県の実家に電話をかけたのは、88位タイと大きく出遅れた初日。
当時10歳の平本に、ゴルフの手ほどきをしてくれた父親の富(とみ)さんは、ぼやく息子に広島弁でのんびりと言った。「最高の舞台なんじゃけえ、楽しめよ」。

ハっとした。力が抜けた。翌日の2日目に、自己ベストの66をマークした。
さらにこの日3日目は前半4つのバーディで、68を出した。
ブラッド・ケネディと、藤本佳則は今季初Vを挙げたばかりの選手2人に挟まれて、「本来ならついつい遠慮して、消極的になるところ」。余計な引け目は懸命に振り払った。

「集中して、自分の出来ることだけやろうとしたのが、結果的に良かった」と、充実の笑みが浮かんだ。

今月13日は、長男・誉(しゅん)くんが「ハーフバースディ」を迎える。1月13日の誕生から、ちょうど半年。愛息は、昨年11月に結婚したばかりの妻・愛実(まなみ)さんと、自宅で吉報を待っている。
「もう1日。自分の出来ることをしっかりやろうと思います」。
26歳のパパが気合いを入れた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告