長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 2012

大会ロゴ

大会記事

首位に2人の韓国勢

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4

日韓対抗戦は、先週で終わったはずなのに、今週も最終日を前に、2人の韓国勢が壁になった。もっとも、金亨成(キムヒョンソン)も、李京勲(イキョンフン)も、2人とも日韓戦の代表メンバーでなかったが、その翌週にさっそく自らも存在感をアピールだ。

李(イ)は、胸躍らせてこの日3日目を迎えた。12歳先輩の金(キム)とは、今週初めて一緒に練習ラウンドで回り、特にショートゲームを重点的に教わったばかりだった。

「凄く優しい先輩で、ぜひ試合でもご一緒したい」とのひそかな後輩の熱望は、さっそく最高の形で実現した。
最終日も最終組で直接対決。

「今日は私も先輩も、パットがいまひとつ決まらなくて」。

李は、実に5ホールで1~2メートル内のバーディチャンスを逃したそうだが、17番のパー4で悟った。
金が150ヤードの2打目を、9番アイアンで直接決めてイーグルを奪ったときだ。

「パットが入らないなら、先輩のようにいっそカップインさせてしまえばいいんだ、と」。
まだ20歳のルーキーだが、すでに初シードにも当確ランプを灯している大物である。今季は、たびたびV争いに絡み、初の最終日最終組を経験したつるやオープンで、同組の藤田寛之の優勝シーンをしっかりと目に焼き付けた。

「明日はそれを活かせればいい」といよいよ勝負とあらば、尊敬する先輩にも遠慮はしない。

迎え撃つ先輩も、絶好調だ。
対する金は、2週前のミズノオープンでも最終日最終組で回っており「経験したばかりだから、気持ちは楽かな」。可愛い後輩と、再び同組で回ることになったのも心強い。
「キョンフンとは練習ラウンドでも回ったばかりですし、やりやすい相手ではある」。
手強い相手でもある。

今週は3番と18番で計測中のドライビングディスタンスで、平均309.33ヤードを記録して、現在トップに立つのが李だ。「キョンフンは、飛ぶしアイアンも切れるし、非常に上手い選手」と認めた上で、「でも、明日はぜひ、自分が勝ちたいと思っていますよ」。

いずれも、日本ツアー初Vがかかる2人の韓国勢。
どちらが逃げ切るのか。はたまた・・・・・・?!

» 前のページに戻る

関連記事

広告