フジサンケイクラシック 2011

大会ロゴ

大会記事

岩井亮麿(いわいりょうま)も暫定首位タイ

  • photo1

2日目にしてようやくスタートした第1ラウンドも、まだ11ホールしか終わっていない。「まだ半分が終わったばかり」と本人も苦笑しつつも、今季ツアー初参戦のルーキーが、1アンダーで暫定首位タイにつけている。

ここ富士桜は7437ヤードのパー71。距離が長くもともとタフな上に、連日の豪雨で水分をたっぷり含んだラフに、グリーンまでの道のりはいっそう長く、遠く。
前半9ホール目の18番は、「230ヤードも残ってしまった」と、第2打はホールを横切るクリークを超えるので精一杯だと、半分は覚悟したのだが「打ったらピン右3メートルにボールがあって。ラッキーでした」と、振り返る。

前半は「雨でボールとヘッドの間に水が入って滑ってしまった」と、ショットが右に行きがちに。ボギー先行も、「このコンディションなので、1打1打気をつけながら、安全に安全にいったのが良かったのかもしれない。丁寧に打つことを心がけた」と14番と、17番からの連続バーディで、アンダーパーにして前半を折り返した。

2007年にプロ入り。昨年は4度目の受験にしてファイナルQTランク20位の資格で今期、初の本格参戦も、今大会は当初は出場権がなかった。
名門・東北福祉大の出身は、開幕直前に同い年の池田勇太らの欠場で、現地ウェイティングによる繰り上げ出場での参戦だ。

「せっかく得たチャンス。少しでも生かせるようにしたい」と、悪条件でのエントリーも、目標としている初シード入りの糧とする。
「雨は嫌いじゃない」と頼もしい25歳。
「バーディ合戦より、我慢大会のほうがむいているので。こういう展開のほうが嬉しい」と台風さえ味方につけて、ビッグチャンスをものにしたい。


» 前のページに戻る

関連記事

広告