フジサンケイクラシック 2011

大会ロゴ

大会記事

第2ラウンドもサスペンデッド(3日目)

  • photo1
  • 第2ラウンドのスタート時間を迎えた石川は、ギャラリーを引き連れてパッティンググリーンからティーインググラウンドに向かった
  • photo2
  • ティーインググラウンドにティアップした状態で素振りを繰り返していたのだが・・・。第2ラウンドは改めて4日(日)の7時からスタートします

フジサンケイクラシックは大会3日目の9月3日(土)に第1ラウンドが終了し、最終順位は予選2ラウンド目の計36ホールでの決定を目指すことになり、この日は引き続き16時50分から第2ラウンドがスタート。

しかし18時06分に、日没サスペンデッドが決まった。

第1ラウンドの成績順に組み替えられた、第2ラウンドのペアリングは最終組から3組前にディフェンディングチャンピオン。
石川遼のスタート予定時間は18時ちょうど。もちろん本人も「やるつもり」で入念な打ち込み練習と、パッティンググリーンでの調整を済ませて、予定時刻の約10分前にいざティーインググラウンドに立った。

しかしひとつ前の組の上井邦浩がボールの捜索に手間取った上に、結局ロストボールで打ち直しにもどってきたこともあり、石川の組のスタートが遅れた間にあたりはほとんど視界不能に。

石川が、ティアップをしていたボールを拾った。ギャラリーから残念そうな声が漏れた。
競技の中断を知らせるサイレンが鳴った。

9月4日(日)の最終日は7時から、第2ラウンドを再開する。
改めて、1番ティからスタートすることになった石川は「一番良い条件で出来る」と前向きに、「たとえ後半に入ってトップと4打差、5打差あっても諦めずにやりたい」。
大会史上初&ツアー史上9人目の3連覇にむけて、最後の戦いに挑む。

» 前のページに戻る

関連記事

広告