TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Lake Wood 2011

大会ロゴ

大会記事

連覇を狙う、池田勇太

  • photo1
  • ミスタードラゴンズの立浪さん(左)と、プロアマ戦で和気あいあいのラウンド!
  • photo2
  • その後は、気さくにサインに応じる昨年覇者

背部痛のため、欠場した先週から、1週間ぶりに元気な姿を見せた。台風の影響もあって、「外にもほとんど出られない」。クラブもほとんど握らずに、ゆっくりと過ごせたことで、リフレッシュも出来た。8日(木)の開幕を、翌日に控えたこの日水曜日のプロアマ戦で、かねてより親交のあるプロ野球は元・中日ドラゴンズの立浪和義さんと、明るい笑い声をコースに響かせたディフェンディングチャンピオン。

偉大なる“ミスター・ドラゴンズ”にも、なんとも人懐っこい笑顔を向けて「今日は“立さん”のレッスン日だよ」と、わざと憎まれ口で場を和ませる。

プレーが終われば、表彰パーティまでわずか30分の時間を惜しんで練習場に向かうのかと思いきや、ふいにきびすを返して18番グリーン奧へ。

サインを待つファンの長い列に一人一人丁寧に応える姿に、普段以上に大会を盛り上げようとする、池田の心遣いが垣間見えた。

デビュー年の2008年は今大会主催のトーシンとスポンサー契約を結ぶホストプロ。昨年は、1年越しの恩返しで報いた。この1勝を機に、2年連続で年間4勝の最多勝利に輝いた。

今年は昨年より2ヶ月遅れの開催に、すでに1勝を挙げて、勢いをつけての会場入りだ。
「勝てば連覇というだけのこと、意識はしていない」と口ではいうが、義理人情に誰より厚いと評判の男が狙っていかないわけがない。

» 前のページに戻る

関連記事

広告