ダンロップフェニックストーナメント 2011

大会ロゴ

大会記事

ゴンサロ・フェルナンデスカスタノは「脱帽です」

  • photo1

先週は、欧州とアジア共催のバークレイズ・シンガポールオープンで、今季初Vを挙げて、意気揚々と乗り込んだ。
2005年から4年連続の出場で、いずれもトップ10入りを果たしているこのダンロップフェニックス。

3年ぶり5度目の参戦は3日目が中止となり、勝負は54ホールで決着をつけることが決まって、ひそかに胸に期するものがあった。

「実は、先週のシンガポールでも54ホールで勝ったんです」。2週続きの短縮競技は、再びこの相性の良いコースで似たような展開に、「ゲンを担ぐというか、今週もまた勝てるような自信があったのですが」。

みごとに打ち砕かれた。
単独首位でスタートした最終日は強い風が吹き荒れる中で、我慢のゴルフを続けるうちに、あっという間に追い抜かされた。
「パットも入らず、スコアも伸ばせなかった」と、この日初めてのバーディが、後半のインに入ってようやく12番という状況では、とてもかなうはずもない。

「この天候の中で、8アンダーを出す人には敬服するしかない」と、武藤の63にはぐうの音も出ない。
「相手のプレーが凄すぎた。脱帽です」と、ホールアウトするや真っ先にチャンピオンに歩み寄り、劇的な逆転Vを称えたゴンサロ。

「この試合は、家に帰ってきたような感じでいつも気持ちよくプレーすることが出来るんです」と期間中も、今大会への思いを再三、口にしてきた。
「出来ればまた来年帰ってきて挑戦したい」と早くも6度目の出場をほのめかすなど、大会初制覇にかける思いもまた、相当のものだ。


» 前のページに戻る

関連記事

広告