中日クラウンズ 2010

大会ロゴ

大会記事

もう脱帽するしかない?! 他の選手たちも58に唖然・・・・・・

  • photo1
  • 5打差をつけられ2位タイに終わったシーハンは「遼は今日はどこのコースをまわってきたの?」と・・・
  • photo2
  • photo3
  • 同じく2位タイの藤田も脱帽。「新世代型のゴルフですね」と舌を巻くばかりだった。

この日最終日は68でまわって通算8アンダーは、2位タイで上がってきたポール・シーハンは、表彰式を待ってグリーンサイドに控えていた若きチャンピオンの顔を見るなり目を剥いた。

「君はいったい、どこのコースをまわってきたんだい?!」。
すっとんきょうな声でつい、そう言いたくなるのも無理はない。
ここは、難攻不落の「名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース」だ。
百戦錬磨のベテランさえ音を上げる舞台で、1日12アンダーという超・ハイスコアは、にわかに信じられるものではない。

照れ笑いでその右手を握り返した石川に、シーハンはますます疑いの目を向けた。
わざと、コース名を言い間違えて言い募る。
「遼だけ“和合カントリークラブ”とやらでプレーしてきたんじゃない?!」。

シーハンのみならず、他の多くの選手たちもまったく同じ気持ちだ。
同じく、2位タイで終わった藤田寛之もただただ唖然呆然。

1日12アンダーはもちろん、優勝スコアの通算13アンダーも、藤田には想定外だった。
「僕の中では6~9(アンダー)の間でした。その中にいれば優勝争いには引っかかる。精一杯やって、スコアがそれ以上になったら諦めよう、と」。

ここ和合でのセオリーは、我慢に我慢を重ね、まずパーを重ねるゴルフ。
これまで過去50回の歴史では、それが通例だと思っていた。
もう、すぐにでも手の届くところまで行きながら、そのチャンスに嫌われ続けてきた藤田にとっては、なおさらだ。
「誰もが和合の難しさを感じながらの戦いだった」。

それだけに、藤田がスタートするころにはすでに、石川は首位に2打差まで迫っていたが、まさか後半もその勢いが続くとは思わない。
和合のアーメンコーナーともいえる「13番以降にスコアを伸ばすことは難しい」。
そんなおおかたの予測は完全に打ち砕かれた。

大会史上最少スコアとなる前半28の勢いは、後半もとどまることを知らなかった。

「我々のコース攻略とは全く違う・・・・・・。我々世代の常識は通用しない。まさに“遼スペシャル”。次世代型のゴルファーなんだと、改めて感じた」と、脱帽した。

日本ツアーはおろか、世界6大ツアーを見渡しても最小スコアの58をマークしての逆転Vにこうまでされれば、逆に同じプロゴルファーとして、ワクワクしてくる。
またしても和合でのタイトルは逃したが、さすがの40歳も悔しいというよりも、胸がすく思い。
「なんだか僕も嬉しい・・・。遼くんは、いつもほんとうにやってくれますね。おめでとう!」。藤田も最後は、心からの祝福の言葉で締めた。



» 前のページに戻る

関連記事

広告