関西オープンゴルフ選手権 2009

大会ロゴ

大会記事

藤田寛之が今季2勝目!

  • photo1
  • photo2
  • 宮本や上井ら、練習仲間の手荒い祝福に、40男が本気で怖がる「やめてやめて~…!!!」
  • photo3
  • 大会会長の森下洋一・関西ゴルフ連盟理事長から受けた栄光の優勝カップ。75代目のチャンピオンに「光栄です」と
  • photo4
  • 表彰式をお手伝い下さった宝塚歌劇団のタカラジェンヌのみなさんと…
  • photo5
  • 長男・大稀くんが見守る前で堂々勝ち取った念願の今季2勝目だ!

前週の全米プロから帰ったばかりの藤田が今季2勝目を飾った。昨年に引き続き、2年連続で出場権を得たメジャー戦で、初日に一時トップに立った勢いのまま、帰国第1戦でツアー通算8勝目をさらった。

なんといっても、コース新を塗り替える前日3日目の61が大きかった。首位タイに浮上して迎えた最終日は、同じ最終組で回る近藤共弘と富田雅哉と三つ巴の争いを制した。
一歩も譲らないバーディ戦は9番で1.5メートルを決めて、いち早く通算20アンダーの大台に乗せた。

続く10番で右OBも、左3メートル半のスライスラインを入れてボギーにとどめ、再び11番で8メートルのバーディをねじこんだ。
混戦を抜け出すや一転、じっとパーで耐え2打差で迎えた18番のティショットでフェアウェーを捉え、奧5メートルにつけて大歓声に手を振って答えた。
勝利を確信した瞬間。「プレッシャーで心臓が飛び出そうだった」と言うが、みじんも感じさせずにタップインでウィニングパットを沈め、堂々と逃げ切った。

全米プロで得たものは、計り知れない。
一番は、全長7674ヤードのコースで、「他の選手と比べても、そんなに劣っていない。タフな設定で十分に戦えている」という手応えと自信だ。

本場のギャラリーにも大いに乗せられた。大歓声と拍手を浴びるうちに、日に日にアドレナリンが沸いてきて、どんどん前向きになっていく自分を感じたという。
「日本でやっているときよりも、ずっと強い気持ちでプレー出来た。強気なコメントも、自然と出てきた」。
メジャーの興奮冷めやらぬまま、普段は謙虚な選手が最後まで「絶好調」と言い続け、まだ時差ボケも冷めないうちに頂点に立った。

6月16日に40歳。「昔でいうと、もう“初老”なんだそうです」と、笑わせたものだが30代のころには考えられなかった肉体の衰えを、確かに感じている。
アメリカから帰国直後は「筋肉がまるで粘土が固くなったみたいになっていた」。会場のここ宝塚ゴルフ倶楽部は一度も回ったことがなく、まさにぶっつけ本番を承知の上で、火曜日はあえて住まいのある静岡にとどまり、強ばりきってしまった体をほぐすことに専念した。

期間中は、練習仲間で後輩の上井邦浩の紹介で、日本最古の温泉といわれる有馬に滞在し、金泉と呼ばれる赤茶色に濁った湯に体を沈め、湯治につとめた。

連日の酷暑も考慮に入れて、プロ入りして初めてホールアウト後の練習をいっさい控え、体力温存に徹した。それでも金曜日には、契約を結んで3年目になるトレーナーの太田敦さんにとうとう鍼を打ってもらい、「やっと筋肉の張りが取れてきましたね」と言われたのが3日目の夜だった。

不惑を迎えていまなおスイングの悩みを抱え、日々鬼の形相で試行錯誤を続けている。「壁を突き破るには、何かを変えなければ」と、このオフから今までにないハードなトレーニングに取り組むなど「もっともっと」ともがきながら、自らを追い込む。

だからこそ、“初老”を迎えてなお進化を続けていられる。
40代で年間2勝以上を挙げたのは、日本人選手では当時48歳の尾崎直道が、つるやオープンと中日クラウンズで2週連続Vを達成した2005年以来だ。
「40代の鏡といってもいいんですかねえ……」と、ポツリ。めったなことでは、自分を認めたがらない選手がようやく言った。
「それだけのことはやっているんだから。結果を出した自分を褒めてあげてもいいのかな。自信を持って、いいんですよね」。
自ら起こした追い風に乗って、さっそく年間3勝目と、かねてより口にしていた国内メジャー制覇を改めて、次なる目標に掲げた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告