ゴルフ日本シリーズJTカップ 2009

大会ロゴ

大会記事

部門別ランキングも最終戦

  • photo1
  • 池田との記念撮影は、本戦前から多くの報道陣に囲まれて、「気合いが入ります」と石川

この今季ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を持って、決定するのは史上最年少の賞金王だけではない。

平均ストロークに平均パット。
バーディ率にイーグル率。
フェアウェーキープ率にパーキープ率、パーオン率、サンドセーブ率。
ドライビングディスタンスと、もっとも飛んで曲がらないことを示すトータルドライビング賞。

以上10部門に加えて、総合点を争うUnisysポイントランキングとMVPの最優秀選手賞の部門別ランキングもこの大会を持って、最終決戦を迎えている。

各部門の第1位者には、今大会最終日の翌7日(月)に都内のANAインターコンチネンタルホテル東京で行われる「2009年度ジャパンゴルフツアー表彰式」で、賞金や豪華な賞品が贈られることになっている。

現在、賞金ランキングでトップに立つ石川はそのほか平均パットとバーディ率で単独1位。
またUnisysポイントランキング賞と、平均ストローク、またイーグル率でトップタイにつけており“6部門制覇”がかかっている。

このうち、平均ストロークは「僕には似合わないですよね」としながらも、最終戦を前に、着実に一歩前進した。
前週のカシオワールドオープンの開幕前は、池田に次いで2位に「逆転はかなりきつい。池田さんに、4日間で5打、10打は勝っていかないといけない」と話していたが、見事にクリア。
池田を抜いてトップに躍り出た。
数字的には0.03と僅差だが、「今週上回ったほうが、勝ちかもしれない」。ということは、つまり賞金王ほか、池田とタイで並ぶUnisysポイントランキング賞も転がり込む。

そして現在、額賀辰徳と並んで1位のイーグル率賞は「今週、僕が取れれば1位。取れなければ額賀さんが1位になる。明確です」。
今大会には出場していない額賀を抜くということは記録の残る1985年以降の年間最多の16個に並び、2個以上なら新たな記録達成となる。

» 前のページに戻る

関連記事

広告