ゴルフ日本シリーズJTカップ 2009

大会ロゴ

大会記事

3位タイの武藤俊憲

  • photo1
  • 目指すはこの最終戦で、今季2勝目。獲物は決まった!

もっとも飛んで、曲がらない選手の証明。現在、トータルドライビングで1位につける武藤だが、この日2日目はむしろ、自分の持ち球に苦しめられた。

インパクトの瞬間に天高く舞い上がり、真上からポイントを捉える高弾道のスイングだが、いかんせんスピンがかかりやすい。

前日初日の大雨で、柔らかくなった地面には、「一度ボールがギュギュッと埋まって、泥をえぐり取ってから、後ろにコロンと転がり出る」。

だからおのずと、泥のついた状態で打つ場面が多くなる。
そのせいで、5番ではフェアウェーのど真ん中から左の林に打ち込んだ。
ボギーを打った。

通算1アンダーの3位タイにも「今日は泥がなかったら、3打くらいは良いはずだった」と地団駄を踏みながらも首位とは2打差の好位置に、改めてここ東京よみうりCCとの相性の良さを、実感している。

過去2度の出場は、いずれも最終日最終組で回っている。
「ここは苦手意識がないし、非常に回りやすいコースなので」と、ニヤリと笑った。

血の滲むような日頃のトレーニングの成果で、12連戦目にもめげず「元気もいっぱい」と言い切る武藤には、この日首位に立った丸山も10月のレクサス選手権で、逆転負けを食らっているだけに、「今週もあのときの武藤くんのように、追い上げてくる選手が必ずいる」と警戒を隠さない。

名指しをされた張本人が、今週もその最右翼となりそうだ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告