カシオワールドオープン 2009

大会ロゴ

大会記事

今週は、シード権争いの選手にとって最終戦

カシオ計算機株式会社と黒潮観光開発株式会社、株式会社テレビ高知が主催のカシオワールドオープンはシード権争いの選手たちにとっては事実上の最終戦!

今季は、18歳と23歳の賞金レースに象徴されるように、世代交代の波が本格的に押し寄せている。
新しくシードの常連に加わった選手がいるということは、それだけ弾かれる選手がいるというのもまた現実だ。
この1戦で大逆転の初シード入りを狙うもの、シード復活をもくろむベテラン、または保持を改めて誓う中堅たち。

このラスト1戦にかける選手にとっては何よりの朗報がある。
今年、賞金総額は6000万円アップの2億円。
優勝賞金は4000万円。

これにより、今年は史上まれに見る“交代劇”が繰り広げられる気配で、今年の最終戦はいっそうシビアな争いが予想される。

» 前のページに戻る

関連記事

広告