カシオワールドオープン 2009

大会ロゴ

大会記事

小田孔明は「子供たちとの約束だから」

  • photo1

誰もが苦しむ強風の中で、ボギーなし。前半のうちに2バーディを奪ってあとは耐えしのいだディフェンディングチャンピオンが、首位タイでいよいよ最終日を迎える。

連覇を決めれば大会史上初。
ツアーなら、つるやオープンでブレンダン・ジョーンズがなしとげた2007年以来の快挙達成も、ここ高知に来るまでは全く頭になかった。

連戦で体が強ばりきっており、「とても良いゴルフが出来そうにない」。
それでも、不甲斐ないプレーは見せられない。

「子供たちと約束したから」。

今年、開幕直前にスナッグゴルフセットを寄贈した地元・南国市の久礼田(くれた)小学校に自ら足を運び、子供たちとスナッグゴルフに興じた。

大歓迎を受けて、良い気分になって思わず言った。
「今年の目標は年間3勝。11月の大会では、連覇を達成してみんなの前で賞金王を決める。そういう状況でここに戻って来たいです」。

現在、賞金ランク7位は確かに昨年の13位を大きく上回るが、もはや賞金レースには割って入れそうにもない。

かわりにせめて、「ディフェンディングチャンピオンらしいゴルフを見せたい。毎日アンダーで回って、予選通過は最低条件」。
そう心に決めて、乗り込んできた。
12月も目前に、温暖な気候にも助けられた。
「こっちに来たら、体が良く動いてくれる」。

大事なこの1戦では、いつもの生活パターンもちょっと変えてみた。
普段はスタートの1時間半前にコース入りするが、「それだと1日、ちょっとばたつく」と、今週は余裕を持って2時間前には来て「練習の合間にコーヒーを飲んだりして過ごすようにした」。

心のゆとりが、ここにきてふいに好調を取り戻したゴルフに拍車をかけた。
最終日は、丸山茂樹と石川遼との最終組に「相当気合いが入ります」。
その雄姿を、子供たちもきっと見ている。

» 前のページに戻る

関連記事

広告