カシオワールドオープン 2009

大会ロゴ

大会記事

宮里優作は「自分の中では今年最後だと思ってやっている」

  • photo1

インスタートの初日は、打てばフェアウェー。アイアンショットはピンに絡んで15番から4連続バーディを奪うなど、絶好調だった。
先週のダンロップフェニックスから、グンと上向き。
「かなり精度の高いショットが打てている」と、自信も満々。

ひとつ難点だったパッティングも、この日は3メートル以内のチャンスは絶対に外さず、最終9番では約2メートルのパーパットもきっちり決めた。

ボギーなしの65は、7アンダーの単独首位発進だ。

現在、国内のみの賞金ランキングは30位。
「今年はこれが最後と思って欲張らず、これまでやってきたことを1ショット1ショット、丁寧にやることが今週の課題」と謙虚だが、国内のみの賞金ランク上位25位など、限られた選手しか出られない次週のツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」へのチャンスも見えてきた。

現在、賞金ランクは63位につける兄・聖志や、同87位はシード圏外にいる練習仲間の野上貴夫らの動向が「今週は自分のことよりも気になる」という心優しい弟が、いよいよ土壇場で“頂上決戦”への切符を掴めるか。

» 前のページに戻る

関連記事

広告