ブリヂストンオープン 2008

大会ロゴ

大会記事

ディフェンディングチャンピオンは片山晋呉

  • photo1

株式会社ブリヂストンが主催するブリヂストンオープンは、今年も千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブで開催。今年は賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円に増額されて、10月23日(木)より、熱戦の火ぶたが切られる。

ディフェンディングチャンピオンは、片山晋呉だ。
大混戦の昨年大会は、最終18番で長い7メートルのバーディチャンスをねじこんで、決着をつけた。

そして先週の日本オープンは、ツアー通算25勝目。最終日は難コースでただひとりアンダーパーをマークして、圧倒的な技と精神力を見せつけての史上7人目の永久シード入りだった。

その片山は優勝インタビューで、少し気になることを打ち明けている。
「僕は勝った翌週の試合は不安でたまらなくなる」というのだ。つまり、前週の勢いのまま次の戦いには挑めない、というのである。

「これ以上、成長できないのではないか」という思いで一杯になり、これまでにも2週連続Vは、初の賞金王に輝いた2000年の一度しかない。

「勝った時がMAXで、一度リセットしててからでないと、そういう気持ちになれない」。
だから、連覇のかかった今週は「また不安でしょうがなくなると思う」と、片山は言った。

「でも、その中でまた乗り越えるともっといいものが掴める」とは、これまでの経験からだ。

自分が他の選手より優れたところがあるとすれば、「試合に対するどん欲さとゴルフに対する探求心」と即答した片山のことだ。
ジンクスを打ち破るために、必ず策を講じて来るに違いない。

「ひとつ勝つと、またもっと勝ちたくなる。
不安が、次の勝利へと駆り立てる。

先週の優勝で、賞金ランキングは1位に躍り出た。
2年ぶり5度目の賞金王に照準も定まって、今週は連覇がかかった片山から目が話せない





» 前のページに戻る

関連記事

広告