ブリヂストンオープン 2008

大会ロゴ

大会記事

矢野東が首位を死守

  • photo1

前日2日目にあれほど決まったパッティングがなぜかこの日は決まらない。「今日は風もないし、きっと他の選手は伸びている」と思っていたが案の定だ。
途中のスコアボードを指さして、横尾要が言った。
「東、見てみろよ。みんな日大。まるで学生時代の合宿みたいだ」。

同じ組の丸山茂樹と横尾もそうだし、怒濤の追い上げを見せている片山晋呉も宮本勝昌も、野上貴夫もみんなOB。

横尾はその全員と年齢がかぶっているが、ひと世代下の矢野はその中でも最年少だ。
偉大な先輩たちの猛追。
「しかも、アウェイ」と苦笑した。

今大会主催のブリヂストン契約プロがひしめいている。ホストプレーヤーの包囲網にも、すんでのところでのみ込まれずに済んだ。

最終18番は、10メートルのバーディパット。

最初フックと読んだラインは、途中でふいに左に進路を変えた。
最後はスライスしてカップイン。
読み間違えたパットが入って「ブリヂストンのみなさんスミマセン!」と、謝った。
その一方で、2位の片山と2打差の首位は「最終日にむけて、間違いなくアドバンテージ」と力強く言い切った。

もちろん、油断はできない。
最終日もやはり、息もつけないバーディ合戦になるだろう。
「自分も伸さないと絶対に勝てない」。
そう覚悟を決めつつ、改めて実感している。
この日最後のバーディは「必ず明日に生きる」と踏んでいる。

最終日も先輩勢とホストプロらのプレッシャーは必至だが、群馬県出身。
「僕は関東生まれだから。たくさんの人の応援を追い風に、明日もここに“ただいま”と言って帰ってきたい」。
そう言って、初日から3日連続の記者会見場を立った。

※リーダーのちょっといい話・・・
最終日こそ、地元ファンの大声援を求めた矢野。この日3日目は7番ティで、可愛らしい応援団に遭遇した。石川遼の妹の葉子ちゃんと、航くん。タタタっと駆けてきて「頑張ってください!」。可愛らしい声で言われて、目尻を下げた。
ちょうど兄が隣り合わせの2番ホールにさしかかるころだったようだが、「いつも、見かけるとわざわざ寄ってきて応援してくれるんです。きっと2人は僕のファン。明日も来てくれると勝てるかも・・・!」。矢野の今季2勝目は、石川弟妹の声援次第?!




» 前のページに戻る

関連記事

広告