ANAオープン 2008

大会ロゴ

大会記事

39歳の藤田寛之が「遼くんがまぶしい」

  • photo1

またまた師匠に大感謝だ。出場権がないにもかかわらずコースに駆けつけた芹澤信雄にみっちりと指導を受けたのは今週火曜日。

たまたま同じ週に、道内で所属メーカーのイベントがあるとはいえ、ことあるごとに貴重な時間を割いてくれる姿勢には頭が下がる。

少しでも師匠の恩に報いたいと、本戦までに練習場で調整を重ねた甲斐はあった。
「まだまだ、満足いくスイングは出来ていない」と、自分にダメ出ししながらも、5アンダーは4位タイ。

しかし、早くもヘトヘトだ。
今年39歳。
40歳を目前に控え、最近はめっきり無理がきかなくなった。
オーバーワークが体に如実に出る。
「練習しすぎた週は、最終日まで持たなくて」。
しかし自分の中ではゴルフはまだまだ発展途上で「もっともっともっと上手くなりたい」その一心で

練習場に向かうが、それもほどほどにしておかないと、試合に差し支えるようになってきた。

そんな状況だから、この日同組でまわった石川遼が藤田にはまぶしくて仕方なかった。
無尽蔵の体力。
伸び盛りの17歳。
「やればやるほど上手くなっていく感じ。コースに真正面からぶつかっていく姿勢。まだ真っ白・・・という感じがほんとうにいいなあって」と刺激を受けつつ、自分を省みて「そろそろくすんで、グレーになっていくのを必死で漂白するような・・・」と、苦笑したが、灰色には灰色なりのプライドもある。

同じ組で回った篠崎紀夫は2アンダー。
同い年のディフェンディングチャンピオンを見るにつけ、つくづくと感じた。
「グレーにも良い味がある。今日のプレーにも、それがお互い出たと思う」。
重ねた年齢と経験で16歳を凌駕して、身長168センチの“小さなバイキング”が胸を張った。

» 前のページに戻る

関連記事

広告