ANAオープン 2008

大会ロゴ

大会記事

ゴルフ北海道スイングはデービッド・スメイル!!

  • photo1
  • photo2

道内で行われる3トーナメントの各順位をもとに換算されるポイントランキングの最上位者に、賞金100万円と海外ツアーの出場権が与えられる「ゴルフ北海道スイング」はANAオープンが最終戦。

ランク1位で同大会に臨んだデービッド・スメイルが、そのままトップでゴールを切った。

表彰式で、日本ゴルフツアー機構・会長の小泉直より賞金100万円と海外2試合の出場権が贈呈されて「すごく嬉しい!」と、笑顔もほころぶ。

「なぜか北海道の大会はいつも良い成績が出る」との言葉どおり“初戦”の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」は3位タイ。
“2戦目”の「サン・クロレラ クラシック」で4位タイ。

そして、ANAオープンの開催コースの北海道ゴルフ倶楽部 輪厚コースの芝質が特に、故郷のニュージーランドのそれと似ているそうで、「難しくて毎年、苦しみながらも、慣れている部分もあって有利だったのでは」と自己分析。
今回7位の54ポイントを加え、トータル169ポイントで逃げ切った。

ちなみにスメイルが出場できる海外ツアーは12月のオーストラリアンツアー公式戦「豪州オープン」と、来年1月の欧州ツアー「ドバイ・デザート・クラシック」だ。

特に、ドバイは数年前にもいちど出場したことがあるそうだがそのときは予選落ちしているだけに「ぜひリベンジしたかったんですよ!」。
再挑戦を楽しみにしている。

ゴルフ北海道スイングとは・・・
道内で行われる3トーナメントが互いに手を組み、活性化をはかろうという取り組みで、2006年よりスタート。
今年は「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(7月24-27日 ザ・ノースカントリーGC)と、サン・クロレラ クラシック (7月31-8月3日 小樽CC)と、ANAオープン (9月18-21日 札幌GC輪厚C)の3大会で全勝した選手には、各主催者より賞金1000万円と海外ツアーの出場権が、また該当者がなかった場合は3大会の獲得賞金のポイントランキング上位者に賞金100万円が贈られるというものでした。

みごとランク1位で3大会を終えたスメイルは、12月のオーストラリアンツアー公式戦「豪州オープン(ロイヤルシドニーゴルフクラブ)」と、来年2月の欧州ツアー「ドバイ・デザート・クラシック(エミレーツゴルフクラブ)」の2試合に挑戦します。






» 前のページに戻る

関連記事

広告