長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ 2007

大会ロゴ

大会記事

未来のプロゴルファーたちが登場 スナッグゴルフ大会表彰式

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • ミスターと里見会長の熱い思いに答えて2週連続Vを達成した谷口。「これに弾みをつけて、全英でも頑張ります!」

長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ3日目。選手たちが激戦を演じるかたわらで、地元ジュニアたちも熱戦を繰り広げていました。

開催コースのザ・ノースカントリーゴルフクラブ内の、スナッグゴルフコーナーで行われたセガサミーカップ スナッグゴルフ大会」。

地元・道内の小学1~6年生45人が3人一組になって腕を競い合い、その表彰式がトーナメントを終えたこの日最終日の18番で行われました。

憧れのプロゴルファーが、いままさにプレーを終えたグリーンに緊張の面持ちで立ったのは、64ストロークで優勝を飾った地元・こみねっとAチームの平友則くんと阿部脩大くんと谷田健将くん。

前日の大会直前に行われた「スナッグゴルフ講習会」で講師として参加し、また同日の本戦では16番でホールインワンを達成して加賀電子グループ提供の賞金400万円を手に入れた井上忠久がプレゼンターとして出席し、それぞれ子供たちに金のメダルをかけました。

なおこのスナッグゴルフ大会は、9月16日(日)に福島県のリベラルヒルズGCで行われる「第2回全国小学生ゴルフトーナメント」の北海道予選にあたります。
セガサミーカップでは昨年から特に、ゴルフ界の底辺拡大を目的に、開催コースの地元・千歳市で、スナッグゴルフの普及活動に力を入れて来られました。
その活動がみとめられ、今回の第2回大会が予選会をかねることになったということです。

ゴルフに限らず、さまざまなスポーツ分野で協賛活動やスポンサー活動をされているセガサミーグループ。
代表取締役会長の里見治氏は表彰式で、「来年以降もぜひ、大会を続けていきたい」と、言ってくださいました。
この言葉に誰よりも安堵したのが、ほかならぬ谷口徹でした。
「里見会長は男子ツアーを見捨てずに、来年も開催すると言ってくださったのでこれで安心してまた、ゴルフの素晴らしさを精一杯アピールしていきたいと思います!」。

チャンピオンもまた、スポンサーの熱意に大いに心動かされた1人でした。





» 前のページに戻る

関連記事

広告